復縁屋全国版

元彼女との復縁屋体験談 神奈川県横浜市30代男性

横浜 復縁屋体験談

同じ職場内で付き合っていた女性との復縁工作を依頼しました。
私と彼女はもともと直属の部下ではなかったため、職場では顔を合わせる程度でした。ある日の飲み会でたまたま席が隣になったのをきっかけに急接近し、交際に至りました。
付き合い始めた当初は、会社の最寄り駅である横浜駅の周辺では会うのを避け、少し離れたみなとみらい等で食事やデートをしたり、休日には東京に出かけたりしていました。
彼女はまだ入社2年目ということもあってか、私との関係を周りに知られたくないようでした。
そのため私も彼女との関係を隠していました。
しかし、関係が気づかれ、彼女は気まずさを感じたのかあまり会ってくれないようになりました。
連絡を取り合う回数も減り、付き合い始めてから3ヶ月ほど経ったある日、その不満を漏らすと、「色々悩んでいて、これ以上は一緒に居られない」と別れを告げられてしまったのです。

その後は会社で顔を合わせても軽い挨拶をする程度で、話すこともなくなってしまいました。
数ヶ月の交際とはいえ私はまだ独身のため、結婚も意識していました。
しかし、時間が経っても状況が変わらないもどかしさに悩みました。
どうにか復縁の方法は無いかと悩んでいたとき、ネットで辿り着いたのがこちらの復縁屋のホームページでした。
メールを送ってみると早々に返信が来て、調査や工作の方法をわかりやすく説明してくれました。
他にもいくつかの復縁屋に相談しましたが、やはり対応のはやさが決め手になりました。
実際に調査をお願いすると、思った以上に報告内容は詳しく、画像も多くて驚きました。しっかりやってくれているんだな、と安心してお願いすることができました。
彼女が住む地域で工作員の方が接触し、無事に連絡先交換ができたあとのやり取りも送ってくれました。

まだ完全な復縁には至っていませんが、工作員の方と彼女のやり取りを見ると、いい方向に進んでいると感じています。 なにより彼女の気持ちや考え方を知ることができたことが、本当によかったです。
聞き出してもらった話では、彼女は仕事について悩んでいるようでした。
そんな時にもかかわらず、私は彼女に復縁を迫ったことを後悔しています。
復縁のためには、まず自分自身が変わらなければならないことを痛感しました。
また、彼女の仕事についての悩みを工作員の方が聞いてくださったおかげで、会社での彼女の表情も少しばかり明るくなったように見えました。
復縁屋や探偵社に依頼するということは、私は最初、とても不安でした。
依頼する前までは、「工作って実際どうなんだろう」「しっかりやってくれるのか」という思いが強かったですが、担当者の方とのやり取りや調査報告を受けるうちに、徐々に不安が薄れ、信頼に変わっていきました。
私から言うのも変ですが、悩むよりはまず相談してみることをおすすめします。

関連ページです。(事例はプライバシー保護のため一部実際と異なる箇所があります。ご了承下さい。)

東京の探偵社に頼むメリット
電話問い合わせ ご相談前に メールフォーム
メール・フォームでのお問い合わせ
お客様の声・体験談
よくある質問集 料金システム