復縁屋全国版

長崎市の復縁屋 元彼女との復縁工作

長崎 復縁屋工作

昨今、復縁屋に依頼をする年齢層は上がってきています。その理由はいくつかありますが、熟年離婚の増加と中高年から交際を始めるカップルが多いことが挙げられます。以前行った長崎市での復縁工作もシニア層の対象者でした。
長崎市では全人口のうち、60代の人口が最も多く、全体の15%をしめています。その時の依頼は、依頼者様が60代の男性、対象となる女性も同じく60代の女性でした。共にバツイチで、5年間の交際を経て別れてしまった二人でした。

別れの原因は、彼女が結婚を意識し始めてから生じたすれ違いでした。依頼者様は彼女と気兼ねの無い付き合いがずっと続くものと思っていました。そのため彼女が再婚を求めたときに冗談を聞くような態度をとってしまったのです。
彼女はそれをきっかけに依頼者様の元を離れていきました。焦った依頼者様が慌てて彼女に連絡を取りましたが「結婚相手を探している」の一点張りで、話を聞き入れてくれませんでした。離れてから彼女の大事さに気付いた依頼者様でしたが時既に遅く、彼女との精神的な距離は広がるばかりでした。悩んだ依頼者様は藁をも掴む思いで、復縁屋に相談にこられました。

依頼者様が知らない彼女の行動

彼女の日常は、午前中から昼過ぎまで長崎電鉄観光通り駅近くのスーパーで働いていることが分かっていました。
私たちは彼女の退勤時を尾行し行動パターンを調査しました。彼女は退勤時に近くのドラックストアで買物をした後、自宅とは違う方向に向かいました。
彼女には既に交際している男性がいるのではないかとヒヤヒヤしながら彼女を追っていると、彼女がたどり着いたのは国道324号を越えた中島川近くの一軒家でした。彼女は鍵を開けてその家に入りました。表札は彼女の苗字とは異なり悪い予感が的中したかと思いましたが、しばらくして軒先に姿を現したのは対象者と老婆でした。
依頼者様へこのことを報告したところ、表札の苗字は彼女の旧姓だということが判明。同時に母親を介護する為、実家に通っていることも判りました。依頼者様は、母親の具合が良くないと聞いていたそうですが、あまり関心がなかったそうです。

私達復縁屋は介護の経験が少しある同性工作員を接触させることにしました。工作員は彼女が利用するドラックストアでの接触を試みました。彼女がいつも訪れるのは介護コーナー付近と調査でわかっていました。
「どのメーカーのがいいか分からなくて…使い勝手のよいのはどれですか?実は親の介護は初めてで分からないことがたくさんある、介護が理由でこちらに引っ越してきたが勝手が分からないんです。」と彼女に相談する形で工作員は接触しました。すると彼女は相談にのってくれ、介護オムツや入浴用具など事細かく説明してくれました。彼女に工作員は深くお礼をし、その日は別れました。
そして翌日、工作員は同じドラックストアで彼女を待ち、昨日のお礼がてら「もし迷惑でなければまた相談に乗って欲しい。」と話しかけました。彼女は、工作員の困った様子に対し、二つ返事で連絡先交換に応じてくれました。何度かメールのやり取りをした後、工作員から彼女をお茶に誘い二人は西浜町アーケード前駅近くの喫茶店で会うことにしました。

別れた理由を解明!そして復縁へ

彼女と工作員は仕事の話や長崎の話などをしました。
「面倒くさい」を長崎弁で「せからしか」、「とても面倒くさい」は「やぜか」と言うと、市内に越してきたばかりの工作員に、長崎弁のレクチャーをしてくれた彼女はとてもユニークな人でした。そして介護話の延長から自分が要介護になったらといった話題となった時、彼女は溜め息混じりに自分の結婚について話し始めました。
親の介護に関わったことでパートナーを持つことを改めて考えさせられた。そう話す彼女に、誰かいい人がいるのか?と工作員が尋ねると、彼女は5年交際した依頼者様のことを語り出しました。
依頼者との交際は楽しいものだったが、親の介護の話をしても他人事で興味がなさそうな彼に不安を抱き、別れを決めたということでした。
この彼女の本音から復縁に誘導する方法が明確になりました。

工作員は彼女を再度お茶に誘いだしました。そして折を見て男性論を話しました。男はいつも呑気で当事者にならなければ踏み込もうとしない。私の旦那もそうだった。しかしきっちり話をしてわかってもらうことが大事だと思った、と経験談を伝えました。
依頼者様のことをフォローしながらも、彼女が復縁を意識するように誘導していくのです。これが功を奏して、彼女から依頼者様に連絡をしました。
別れを決めた理由と伝え、今後の接し方を依頼者様にアドバイスしておいたため、依頼者様は自分の至らなかった点の謝罪と彼女への思いを改めて伝え、無事復縁することができたそうです。
長崎の復縁屋工作は弊社にお気軽にお問い合わせください。

関連ページです。(事例はプライバシー保護のため一部実際と異なる箇所があります。ご了承下さい。)

長崎市の復縁屋の工作料金について

弊社はご予算に合わせたオーダーメイドでの工作プランを提供しています。
一般的には100~200万円ぐらい料金が掛かる工作ですが、内容は案件によって様々です。長崎市のどの地域なのか、稼働人数やゴール地点の設定によっても変わってきます。対象者が動きの読めないタイプなのか、それとも把握しやすいタイプかによってもロスの度合いが変わります。そのため、同じご予算でも案件によって成功の難易度は変わるのです。

弊社の料金プランは行った分のみ費用がかかるわかりやすい稼働制システムです。ご予算が少ない場合は出来る手法は限られてきますが数十万円より行える案件もあります。また出張対応時に延長して続けて行くことも可能です。(延長料金後払い可)
稼働制システムの利点は最初に予算全額が必要になるわけではないことです。安い金額から開始でき、次に動くための費用だけご準備いただければ良いのです。ただし際限なく続けるわけにはいきませんから、事前にリミット=予算を定めておくのです。
工作は事前に予定を立てて動きますが、第三者の表出など予想外の展開になることもあります。弊社スタッフと依頼者様とで密な連絡を取りながら、細かい軌道修正を行い、最終的なゴールに向けて進んでいきましょう。
元彼や彼女と復縁したい。その想いを叶えるためには占いやおまじないではなく弊社にご相談ください。復縁成功に向けてサポートいたします。

東京の探偵社に頼むメリット
電話問い合わせ ご相談前に メールフォーム
メール・フォームでのお問い合わせ
お客様の声・体験談
よくある質問集 料金システム