復縁屋全国版

元夫との復縁屋体験談 岡山県岡山市30代女性

岡山 復縁屋体験談

夫と結婚して3年目の時のことでした。
私がリビングで一緒にいる時に、夫の携帯電話が鳴りました。
すると夫はわざわざ寝室に行って話していました。
電話が終わった後、身支度を始めたので、私は夫に誰と会うのかを尋ねました。
「会社の人だよ。」と夫は短く答えました。

夫と私は社内恋愛から結婚しました。
私は退職しましたが、もちろん会社の人達のことは知っています。
だから夫は会社の人と会うときには「○○さんと飲んでくる」と、名前を出して話してくれていました。
おかしいな・・・。
この頃から、私は夫の行動をよく観察するようになりました。
夫は、仕事が忙しくなったと言って帰宅時間が遅くなり、休日出勤だと行って週末も出かけるようになりました。
社内の女性から人気のあった夫だったので、私はどんどん疑心暗鬼になり、口うるさく言ってしまうことが増えました。
そしてついに嫉妬から大喧嘩をしてしまい、夫は家を出ていきました。
私は仲直りの方法が分からず、自分の嫉妬心を友達に話すのも何だかはばかられて、もたもたしていました。
すると夫はすぐに部屋を借り、完全に別居状態へ。
私も意地になってそのまま離婚しました。
離婚した当初は怒りしかありませんでした。
社内の女性の誰かと付き合っていると思い、会社の人とは一切連絡を取りませんでした。

ある日、私は天満屋で夫に似た人を見かけました。
思わず話しかけようとした自分に気付き、その時から夫と復縁したいと思うようになりました。
そう思うと同時に、夫の女性関係が気になり始めました。
そこで探偵に頼もうかと考え、ネットで検索していると、探偵社のサービスで復縁屋という存在を知りました。
岡山にはあまりないので私は東京の復縁屋さんに相談しました。
復縁屋とはどんな人たちなのか、直接会って話したいと思った私は、思い切って面談に行きました。
ずっと相談に乗ってくれていた担当者の男性の方と、もう一名女性の方がついてくれました。
二人は私の気持ちを汲んでくれましたし、男性目線でもアドバイスを頂きました。
正直決して安くないお金が掛かるので一度保留にして考えました。
しかし頑固な夫の性格を思いだし、自分では難しい、プロの方に協力してもらってダメならしょうがない、と思い依頼を決めました。
出張中は、現地に来てくれた調査員の方と毎日連絡を取り、直接報告を受けました。
そして夫が本当に仕事で忙しかったことが分かりました。
あとから聞いたところによると、私が辞めてから会社は人員削減をはかり、その分一人の仕事量が増えていたそうです。
私は夫を信じられなかった。
そして夫のことをなんでも知っている気になっていたのです。

工作員の方と夫は、青江にある本屋で接触したそうです。
その店は本を読みながらコーヒーが飲めたので、せっかちな夫もリラックスした状態だったのでしょう。流れですぐに連絡先交換が成功したそうです。
その後、夫は磨屋町にあるバーや、田町のラーメン屋に工作員さんを連れて行ったようです。
工作員さんが聞き出してくれた話の中には、正直耳が痛い内容もありました…。
そんな時は恥ずかしながら、復縁屋さんに泣き言を聞いて頂きました。
しかし、それでも復縁したい気持ちは変わりませんでした。
復縁のためには、私はそれを受け止めないといけない、と思いました。

連絡したいのを我慢して半年、私は夫に連絡を入れました。
すると、夫から食事に誘われました。
それまでは連絡しても返事が返ってこない状態だったのでとても嬉しかったです。
「あれ?会わないうちに大人になった?」
話していると、夫は笑いながら私にそう尋ねてきました。
それは、復縁屋さんが支えて下さったおかげで、私に余裕ができたからだと思います。
今はまだ籍は入れていませんが、同居の話も出て良い方向に向かっています。
私は自分のダメなところを忘れず、変える努力をしていきたいと思います。

関連ページです。(事例はプライバシー保護のため一部実際と異なる箇所があります。ご了承下さい。)

東京の探偵社に頼むメリット
電話問い合わせ ご相談前に メールフォーム
メール・フォームでのお問い合わせ
お客様の声・体験談
よくある質問集 料金システム