復縁屋全国版

片思いの女性との復縁屋体験談 大阪市30代男性

大阪 復縁屋体験談

職場に転職してきた女性を好きになりました。
勇気を振り絞って告白したのですが、残念ながら結果はNO。
振られた理由は「職場恋愛はしたくない」ということでした。
悲しいのは、告白するまでは普通に話せていたのに、それ以降は彼女から避けられるようになったことです。
僕なりに彼女には気をつかわせないように、いつも通り自然に振る舞いました。
しかし、彼女は私と関わる業務からも逃げるようになってしまったのです。
「○○さんのことは諦めるので、変わらず接して」彼女にこう伝えたいところでしたが、これ以上僕が動いてもより嫌われる気がしました。
彼女のことは今でも好きなのが正直な気持ちですが、せめて今の最悪な関係を何とかできなければその先はないと悩みました。
また、大きな会社ではないので、周りの社員に影響が出てしまわないか心配でした。
悩んだ結果、こちらの復縁屋に相談し、工作でこの状況を変えてもらうことにしたのです。

彼女の自宅は勤務先の梅田駅から環状線で一本。「京セラドーム大阪」から尻無川を渡った辺りに住んでいると聞いたことがありました。
復縁屋の方々に勤務先から彼女を尾行してもらうと、下車したのは大正駅でした。
彼女は、勤務先からの帰りに大正駅南口を出て、三軒家西エリアのスーパーに立ち寄る習慣があったようです。
そこで女性工作員さんが声をかけ、2度目の接触で連絡先交換に成功しました。
彼女の趣味がネイルアートやファッションだったのですが、工作員さんもその知識があったので、二人の距離はすぐに縮まったそうです。
何度目かの食事で、工作員さんはその時放送されていたテレビドラマをきっかけに、職場恋愛についてどう思っているか彼女に尋ねたそうです。
彼女曰く、社内で誰かに好意を寄せられても、近いところで済ませようとしていると感じるらしく、受け入れられないというのです。
詳しく聞くと、そう捉えてしまうのは過去の恋愛が大きく影響していることが分かりました。
彼女は前の職場で社内恋愛をしていました。
しかし彼氏に浮気をされ、その相手女性も同じ職場であったことが、彼女にとってトラウマになったそうです。
このことで社内の人間関係は悪くなり、それをきっかけで転職をしたということでした。
工作員さんは、彼女の話に同調しながらも、職場恋愛が全て同じではないと話したようです。
そして、僕の話にもなったらしく、そのトラウマも影響し、どう接していいか分からないと悩んでいることも分かりました。
好意を持たれることをネガティブにとらえるのは子供っぽい。
過去の恋愛を乗り越えるためにも、過剰にとらえず冷静になれなければ仕事も出来ない人になる。
工作員さんから彼女にそう話してくれたようです。
そのことを境に、彼女の様子が少しずつ変わってきました。
以前のように、僕を避けることもなく、仕事も前向きです。

復縁屋さんにお願いしたことで、彼女の本音をきけて本当によかったです。
振られた事実は変わりませんが、より彼女を思いやれるようになりました。
今度は焦らす慎重に彼女を見て行きたいと思いました。

関連ページです。(事例はプライバシー保護のため一部実際と異なる箇所があります。ご了承下さい。)

東京の探偵社に頼むメリット
電話問い合わせ ご相談前に メールフォーム
メール・フォームでのお問い合わせ
お客様の声・体験談
よくある質問集 料金システム