復縁屋全国版

元彼氏との復縁屋体験談 滋賀県大津市20代女性

大津 復縁屋体験談

私は、2年付き合っていた彼との復縁を依頼しました。
彼とはもともと高校の同級生でした。当時は単なる部活仲間といった程度だったので、卒業後は連絡を取ることも無くなったのですが、22歳のときに同窓会で再会しました。そこで、彼は東京の大学を出た後に地元に戻り、大津市内で就職したことを知りました。
その後は他の同級生たちも一緒に食事をしたりお酒を飲みに行くようになったのですが、二人とも勤務先が大津駅付近だということがわかり、週1程度で二人で食事に行くようになりました。
そして、好きな音楽の話や仕事の愚痴などを話し合ううちに、いつしか付き合うことになりました。
彼とは好きなバンドのライブに行くことが多かったです。また、毎年9月に琵琶湖畔で行われるロックフェスなどに一緒に行っていました。仕事終わりにはパルコや西武で買い物をして互いの家に行くなど、半同棲状態が続いていました。 良い関係が続いていると思っていたある時、彼が他の女性と仲の良さそうなやり取りをしているのをSNSで見て、不安に思った私は彼に詰め寄ってしまいました。
その女性は私も知っている人だったので、余計にショックだったんです。
そして大ゲンカの末、「疲れちゃった。別れよう」と言われ、LINEやSNSもブロックされてしまいました。
その日は一日中泣いて過ごしました。
恥ずかしい話、私はこれまで男性とお付き合いしたことがなくて、彼のことしか考えられなかったからです。この先いい人と出会えるかもわからないので、結婚も意識していましたから・・・。
それだけ打ちのめされ泣き続けたにもかかわらず、翌日にはもう「早くなんとかしなきゃ」と思い始めていました。この時の私の彼への執着心は異常だったと思いますが、結果的にそのおかげで後悔せずに済みました。

最初は探偵社に依頼するなんて考えてもいませんでしたが、彼にフラれたことを友達に相談したところ「こういうのがあるらしいよ~」と、探偵が行う復縁工作、いわゆる復縁屋というものを教えてくれたんです。
「こんなの本当にあるんだ…」というのが第一印象でした。それでも何かに頼りたい気持ちでいっぱいだった私は、すぐにたくさんの復縁屋にメールで相談しました。しかし、どの復縁屋に聞いても工作費用は予想を超える金額でした。
それでも絶対に後悔だけはしたくなかったんです。
少しでも可能性があるならそれにかけてみる、ダメならそこで諦めようという気持ちで依頼を決めました。復縁工作について教えてくれた友達は半分冗談まじりだったそうで、本当に依頼するとは思っていなかったそうです(笑)
彼は社交的ではないので、工作員の方が仲良くなれるか少し不安に思いましたが、彼の好きな音楽に詳しい工作員の方が彼に接触してくださったそうで安心しました。
接触の際の会話内容や、連絡先交換後のやり取りの内容を見せて頂き、ただ感心するばかりでした。
工作員の方に聞き出していただいたところによると、彼が連絡を取り合っていた女性に関しては、本当に趣味友達といった感じで親密な関係ではなかったようです。
また、彼と喧嘩別れのような形になったのは単なるきっかけにすぎず、私の束縛が原因でした。私は彼が好きな気持ち一心で頻繁に彼に電話やLINEをしていましたが、彼にとってそれは少し重かったみたいです。
実際振り返ると、しつこかったと思います…それは本当に反省しました。

私はこれまで、彼の気持ちをちゃんと考えず、自分の気持ちが先走るばかりでした。今は仕事や他の趣味に打ち込んだり、友達と一緒に過ごすことで彼に執着しすぎることもなくなりました。
そういった私の変化を彼もSNSで見ていてくれたようで、久々に彼の方から連絡が来ました。互いに好きなバンドのライブに一緒に行こうと久々に誘われ、その日が待ち遠しいです。
再び彼の目を私に向けさせてくれた工作員の方には、感謝の気持ちでいっぱいです。彼とまた、以前のように楽しく過ごせたらいいなと思うばかりです。
いま悩んでいる人たちにとって、少しでも力になれればと思い、体験談を書かせていただきました。

関連ページです。(事例はプライバシー保護のため一部実際と異なる箇所があります。ご了承下さい。)

東京の探偵社に頼むメリット
電話問い合わせ ご相談前に メールフォーム
メール・フォームでのお問い合わせ
お客様の声・体験談
よくある質問集 料金システム