復縁屋全国版

復縁屋が語る栃木県

栃木 復縁屋

栃木県は、総人口のおよそ4分の1が県庁所在地である宇都宮市に集中しています。
そのためか復縁屋の依頼は宇都宮市が最も多く、以降は佐野市、小山市、栃木市、那須塩原市と県内全域からほぼ横並びで依頼を頂きます。

栃木県は、県北と県南で街の風貌が異なっており、観光業が盛んな北部に比べ、南部では近年首都圏エリアの一角として市街化が進む傾向にあります。加えて県民性も南北で異なり、県北では保守的、県南では比較的気さくでフランクな人が多いといわれています。
東北新幹線の開通により、東京への通勤や休日に買い物やデートなどで東京に出る人も多くなり、昔に比べて活動的な人が増えた印象があります。それに伴い、復縁屋への依頼件数も増加しています。以下、栃木県の調査や工作の舞台となった場所を、事例と共にご紹介しましょう。

関連ページです。(事例はプライバシー保護のため一部実際と異なる箇所があります。ご了承下さい。)

復縁屋が訪れた栃木県の有名スポット

様々な名所が充実している日光市。世界遺産にも登録されている日光東照宮は、国内だけでなく海外の人にも人気を博しています。栃木県の北部に位置する日光ですが、東京からは日帰りできる距離です。都心部や関東の他県の方からの依頼で、休日に対象者を尾行し続けていたら日光東照宮にたどり着いたことが過去に何度かありました。このような観光地は対象者の警戒心も薄いため、復縁工作における調査や接触には好都合です。
佐野にあるプレミアム・アウトレットやイオンショッピングセンターも地元の人々がよく訪れる場所です。依頼者様の元彼女さんがアウトレットで買い物している時に、工作員が接触したことがありました。依頼人様から対象者の好きなブランドや洋服を聞いていたために、工作員も彼女に趣味を合わせ、それがきかっけで仲良くなれたのです。

あと栃木県の名物と言えば、やはり「とちおとめ」です。
過去に元彼女との復縁依頼で、彼女が参加するいちご狩りツアーに工作員が参加したことがありました。 いちごを手馴れた様子で摘んでいく彼女に、「毎年いちご狩り来てるんですか?私東京から来たんですけど、とちおとめが大好きで本場まで来ちゃいました。」と栃木の名産品をきっかけに話しかけ、彼女と打ち解けることができました。

小山市の復縁屋の依頼

小山市在住の30代の女性から、不倫相手の男性との復縁依頼を頂きました。
別れのきっかけは、独身である依頼人様が将来を不安に思い彼に離婚するようにせがんだことでした。重く感じた彼は距離を置き徐々に離れていってしまったそうです。

まず我々は依頼人様が今後彼に対してどういった行動をとっていくべきかアドバイスしました。具体的には、彼の負担にならぬよう離婚できない理由を理解してあげること、今の状態で執拗に彼に連絡をとろうとしないことなど助言しました。そして、彼には同性工作員を接触させ、依頼人様との交際を再開するよう、男同士の恋愛相談話から心理誘導をはかりました。
依頼人様の努力もあり、2か月後に彼の方から依頼人様に連絡があり、無事今までの関係に戻りました。
栃木の復縁屋は弊社にご相談下さい。相談・見積は無料です。

栃木の復縁屋の工作料金について

弊社はご予算に合わせたオーダーメイドでの工作プランを提供しています。
一般的には100~200万円ぐらい料金が掛かる工作ですが、内容は案件によって様々です。栃木県内のどの地域なのか、稼働人数やゴール地点の設定によっても変わってきます。対象者が動きの読めないタイプなのか、それとも把握しやすいタイプかによってもロスの度合いが変わります。そのため、同じご予算でも案件によって成功の難易度は変わるのです。

弊社の料金プランは行った分のみ費用がかかるわかりやすい稼働制システムです。ご予算が少ない場合は出来る手法は限られてきますが数十万円より行える案件もあります。また出張対応時に延長して続けて行くことも可能です。(延長料金後払い可)
稼働制システムの利点は最初に予算全額が必要になるわけではないことです。安い金額から開始でき、次に動くための費用だけご準備いただければ良いのです。ただし際限なく続けるわけにはいきませんから、事前にリミット=予算を定めておくのです。
工作は事前に予定を立てて動きますが、第三者の表出など予想外の展開になることもあります。弊社スタッフと依頼者様とで密な連絡を取りながら、細かい軌道修正を行い、最終的なゴールに向けて進んでいきましょう。
元彼や彼女と復縁したい。その想いを叶えるためには占いやおまじないではなく弊社にご相談ください。復縁成功に向けてサポートいたします。

関連ページです。(事例はプライバシー保護のため一部実際と異なる箇所があります。ご了承下さい。)

東京の探偵社に頼むメリット
電話問い合わせ ご相談前に メールフォーム
メール・フォームでのお問い合わせ
お客様の声・体験談
よくある質問集 料金システム